魯山人 納豆


超高速で納豆424回混ぜたらハプニングが!魯山人納豆鉢!

魯山人の納豆(以下、魯山人納豆)をいかに再現したのか? 本当に再現できているのか? もろもろのギモンを解決すべく、開発者のもとを訪ねた。

美食家が愛した“究極の納豆”が食べられる「魯山人納豆鉢」発売 424回かき回します。

「魯山人納豆鉢」という商品があるほどで、それを使えば 424 回もか きまぜることができるそうです。

424回もかき混ぜたら、「納豆」を食べるたびに腕の筋肉がつきそうですね。

しかも、筆頭で紹介されているのは仙台の納豆。

前作の『魯山人納豆鉢』は発売と同時に完売する店舗が続出。

より美味しい納豆に仕上がるようです。

食通として知られた芸術家・北大路魯山人の究極の納豆を再現する納豆鉢マシン「魯山人納豆鉢」。

最近、陶芸家、書家で美食家でもある北大路魯山人の、納豆へのこだわりを聞きました。

「納豆は424回混ぜると、一番美味しくなる」というもの。

昭和32年から昭和40年までやった 「納豆の巻」というのがあって記者が魯山人に「納豆のうまい食い方は?」と問うと 魯山人は200回混ぜるべしと答えた 95 :名無しさん@涙目です。