版画 グラデーション


版画/版画クラブ通信20160706 ローラーとタンポでグラデーション

繊細なグラデーションも表現できます。

これらは“京都マーブルプリント”という染色技法です。

秘密はロール。

この部分が版画のような役割を果たし、生地を染め上げていきます。

版木に絵の具をグラデーション状に載せ摺っているのです。

どの版画も均等に摺る事ができるのは熟練の技術が必要です。

私の作品に多い紫色にこのシーズンはとてもよく似合う気がするし、版画の先生から「梅雨時は、 回し淹れてるはずが見事な濃淡のグラデーションが。

少し本格的に「版画専用インク」を使った方法もご紹介。

スタンプインクとの違いは、インクを混ぜて好きな色をつくれること。

あゆわらオリジナル版画。

壁掛けと立て掛けの両対応フレーム。

ぼかしやグラデーションも、指で擦ったり、水でぼかしたりもせず、全て色鉛筆のタッチだけで丹念に表現している。

版画とは アーティストが版画を制作する目的で下絵を描き、版作りと刷り、最終チェックに至るまで、 版画工房によって複雑な技法を用いて制作され、数も限定されています。

エリオグラビュールという銅版画と写真の感光印刷の技法を掛け合わせたような版画技法により、深い色調で穏やかなグラデーションを描き、色彩豊かな世界が表現されています。

商業印刷ではなく芸術作品としての版画作品の中で、グラデーションを効果的に使用した作品の例が多数ある。

浮世絵作品の美しいグラデーションは、「ぼかし摺り」によるもの。

木版画には様々な摺りの技法があり、それらを使うことで平面の中に奥行きや空気感があらわれてきます。

日本独自の和紙を使った現代版画です。

色と色が重なり合う事で生まれる多彩なグラデーションの世界をお楽しみください。

展示期間中は…展示作品の他、 販売作品もあります❣️。

そこで目にした版画作品に、私の目は釘付けになった。

鎌倉の空と海が、美しい藍色から白へのグラデーションで描かれ、モノトーンの明暗の中に、黄色の光や赤い花がパッと明るさを添える。

一枚一枚、手作業で丁寧に 捺染とは、版画のように、 爽やかなブルーのグラデーション こちらは「くものストール」。

全く同じ版画を作り続けなくてはなりませんから、色の濃さはどうか?ずれていないか?など確認を怠りません。

風間サチコさんの木版画の昭和風味であったり。